DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス 格安

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス > コピーガード付きDVDコピーサービス > コピーガードの強度と再生互換性について

コピーガードの強度と再生互換性について

コピーガードには、ガードの強度を重視したもの、再生互換性を重視したもの等様々な種類があります。
あらゆるダビングソフト等に対応できる強力なガード力がありつつ、再生互換性が高いものがあれば一番良いのですが、残念ながら、現時点ではガード力と互換性の両方を伴うことは困難で、ガード力と再生互換性は反比例の関係にあります。

コピーガードの強度と再生互換

再生互換性が強く求められる理由

市販の映画DVDは、複数のガードが採用されておりますが、デジタルコピーに関しては、CSSと言われるコピーガードが採用されております。
一般的なDVDプレーヤーやレコーダー等は、CSSを基準として製造されておりますので、当然のことながら、CSSのコピーガード信号が入ったDVDでも問題なく再生することが可能です。
しかし、CSS以外のコピーガードの場合、規格外になる為、一般的なDVDプレーヤーでは互換性が落ちてしまいます。
更に、ガード力を強くすることにより、再生できないプレーヤーが多く発生します。
では、ガード力と再生互換性のどちらを重視すればよいのでしょうか?

ガード力を重視した場合
「DVDが再生できない」という問題が発生します。
この場合、DVDを配布する側に、多くのクレーム・問い合わせが寄せられることが想定されます。
この様なクレーム・問い合わせ全てに対応するのは非常に大変な労力を費やします。
再生互換性を重視した場合
「ガード力が弱くてガードが外れてしまった」という問題が想定されます。
この場合、不正流出を防ぎたいと考えているDVDを配布する側が困ることなので、第三者を巻き込む問題ではありません。

以上のことから、DVDを配布する側である映像制作現場の方々からは ”再生互換性を重視したコピーガード” が強く求められております。
弊社では、再生互換性を重視した ”ほとんどの機器で再生可能なコピーガード” を採用しております。

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス お見積もり・ご注文フォーム

HOME

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービスのオプション

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス セットサービス

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス のご利用ガイド

ショップについて

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス 印刷データ入稿フォーム

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス 入稿用テンプレート

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス デザインテンプレート

Paid 掛け(後払い)対応中

DVDコピー/CDコピー/ブルーレイコピーサービス ご意見板